ギターのお手入れ方法

「せっかく購入したギターがダメになってしまって使えなくなった」ということには
ならないように、ギターを使った後は、お手入れをしましょう!

購入するまでに悩みに悩んだあげく、手にしたお気に入りのギターです。

ギターが長持ちするようにギターを弾き終えたら、丁寧にお手入れをしていきます。

お手入れ箇所

ギター全体を拭いていきますがざっくりと説明すると

〇ボディ
〇指板(しばん)
〇フレット

に分けることができます。

場所によって、木や金属など材質が異なるので
お手入れ方法も異なってきます。

では、どのようにお手入れをしていくのか紹介していきます。

〇ギター全体を布で拭く

手で触ったところは、布で拭くようにしましょう。
布は「クロス」を使用して丁寧に拭いていきます。

ギターが傷付かないように、柔らかい布を選びましょうね。

楽器屋さんには、楽器専用のクロスが販売されております。

※ティッシュペーパーは、汚れが取りにくく繊維がギターに残ってしまうことがあります。

手垢や汗がギターに残ってしまうと、弦が錆始めてしまったり木が傷みます。

汚れがなかなか取れない場合は、オイルで拭きとる方法もあります。

気になるところに少量のオイルを使えば、結構きれいになりそうですね。

〇指板(しばん)

専用のオイルである程度、指板を潤しておく必要があります。

乾燥しすぎてしまうと、指板が痩せてしまい、板が割れてしまうことがあります。

オイルをクロスへ含ませ、指板にオイルを含ませます。

どれくらいオイルを含ませるのかというと
指でさわっても指板に指紋が残らない程度が目安となります!

〇フレット

研磨剤を含ませた布で磨いていきます。

研磨剤を使用することによって、金属部分の光沢具合がかなり変わってきますよ。

長らくお手入れしないと錆が出やすい箇所なので
こまめに拭いてあげましょう!

まとめ

購入したギターは大切に長く使いたいですよね!

丁寧にお手入れをすることによってギターの性能を最大限に引き出すこともできます。

せっかく購入したギターを、いつまでの良いコンディションに保つためには
お手入れが欠かせないことが分かったので、こまめにお手入れをすることを
心がけるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました